ロッテ・荻野貴司が残留表明「これからしっかり恩返し」

ロッテ

ロッテの荻野貴司外野手は31日、ZOZOマリンスタジアムでFA権を行使せずに残留すると表明した。

荻野は「FAせずに残留することを決めました。10年間ロッテでお世話になって、いろいろなケガもしたけれどここまでユニフォームを着させてもらって、まだまだ恩返しができていない。これからしっかり恩返ししていきたい。10年間、リーグ優勝をできていないので、優勝というのを一回は味わいたい」と語った。

怪我に泣かされてきた荻野だが、今季は125試合に出場して初の規定打席に到達。打率.315、10本塁打46打点28盗塁の成績を残した。

関連記事