ロッテ・荻野がV打で4位浮上、怪我なくシーズン完走へ

ロッテ 楽天

◆ロッテ7-3楽天◆
ロッテ・荻野が七回、決勝適時二塁打を放ち、チームは4位に浮上した。

角中の適時打で岡が生還し、同点とした直後の打席。「岡がしっかり走ってくれて、カク(角中)が粘り強く打ってくれたので、何とかもう一点取りたいと思っていました。シンプルにバットに当てるだけを考えていました」

球界屈指の俊足と、パンチ力のある打撃を併せ持つが怪我が多く、シーズンを通して出場したことは一度もない。

今季は怪我のないシーズンを送っており、105試合の出場は自身最多だ。25盗塁で、自身最多だった13年、17年の26盗塁を超えるのも確実だ。

「あと30試合ぐらいあるので気を抜かずに一試合一試合やっていきたいと思います」。荻野が無事にシーズンを乗り切れれば、チームのCS進出もグッと近づく。

関連記事