ロッテ・涌井が二軍行き決定、11戦連続勝ち星なし

オリックス ロッテ

◆ロッテ4-8オリックス◆
ロッテの「エース」涌井が、4回6失点という背信投球で7敗目を喫した。これで5月8日の西武戦で3勝目を挙げて以降、11試合連続勝ち星なしで二軍落ちが決まった。

初回に吉田正に先制の20号2ランを許すと、二回にも宗、松井雅の連打で1点を失った。さらに四回、モヤの二塁打の後に二死から4連打に押し出し死球で決定的な3失点を許してしまった。

涌井は「こういう形で早い回にマウンドを降りてしまい申し訳ないです」とコメント。

井口監督も「ちょっと厳しい内容」と語り、涌井を二軍で再調整させることを決めた。

関連記事