ロッテ・井口監督退場の場面は「リクエストしようと…」

ソフトバンク ロッテ 退場

◆ソフトバンクーロッテ◆
ロッテ・井口監督が退場処分を受けた場面について、コメントした。

「スイングも含めて確認をしにいった。バッターとキャッチャーの反応を見て、リクエストをしようかと思ったけど、退場と言われた。これ以上話すと警告になると。リクエストしようかと思ったけど、その前に退場と言われた。選手たちも死ぬ気で頑張っている。ああいうことで流れが変わることもある。お互い冷静になってやらないといけない」

四回、一死一塁で二木のグラシアルへの投球がユニフォームを擦り、死球の判定。これに対し、珍しく感情を露わにして井口監督が抗議。「避けずにスイングした」という内容と見られるが、嶋田球審が退場を宣告。

ハーフスイングへの抗議は禁止されていたためで、「井口監督を禁止行為で退場と致します」とアナウンスした。鳥越ヘッドコーチが監督を代行する旨も説明された。

関連記事
インスタ乗っ取り、アイドルと熱愛…プロ野球前半戦事件簿