ロッテ・レアード一家が米で感謝祭

エンタメ・話題 日ハム

寿司ボーイことロッテ・レアードは米国の祝日に当たる感謝祭を一家で迎えた。

感謝祭は家族や親戚と集まりターキーを食べる日で、英国から米国に渡ってきたピルグリムと呼ばれる人たちが、新しい土地での初めての収穫を神に感謝をしたことが起源だ。

レアードはロッテと今オフに2年契約を結び、母国で秋と冬を過ごしてリフレッシュしている。

関連記事