ロッテが西武戦7連敗、増田攻略もサヨナラ負けでリーグV遠のく

西武 ロッテ

◆西武4-3ロッテ◆
九回に抑えの増田を攻略し、追いついたロッテだが、延長十回にサヨナラ負け。西武に痛い連敗となった。

2点を追う九回、一死からマーティンがバント安打。レアードの適時二塁打と代打・岡の適時打で同点とした。

さらに四球で一、二塁としたが、鈴木は凡退。井口監督は「よく追いついたけど、追い越してほしかった。接戦をものにしないといけない」と振り返った。

延長十回一死一塁で、メヒアの打球は中堅への浅いフライ。打ち取ったかに思えたが、センターの深い守備位置から前進したが僅かにグラブが届かず。

ボールが転々とする間に、一走・中村がサヨナラのホームを踏んだ。

西武戦に7連敗。依然として3位にはいるが、残り10試合を切って7.5ゲーム差。ロッテ公式は「西武に4連勝してリーグ優勝」と書いていたが、遠のいた。