ロッテが三家のプロ1号などで快勝、札幌ドーム10連敗でストップ

日ハム ロッテ

◆日本ハム4-9ロッテ◆
ロッテが初回に一挙7点を奪う猛攻を見せ、連敗を4で、札幌ドームでの連敗も10で止めた。

ロッテは初回、日本ハムの先発・堀を攻め、今季初スタメンの三家のプロ1号3ランなどで7点を挙げると、四回に鈴木の犠飛、七回にも田村の適時二塁打で加点した。先発の種市は大量リードに守られながらも制球が不安定で、5回102球で降板したが、失点は2に抑え5勝目。

ロッテは今季、札幌ドームで8連敗。昨季から10連敗していた。お立ち台に立った三家は「札幌ドームであまり勝ててないと聞いていたんで、結果、勝ててよかった」と笑顔を見せた。

井口監督も「チームとして流れが良くなかったので、何とか勝ててよかったです」とコメントした。