ロッテがサイン、プレゼント受け取りを当面自粛「健康を第一に」

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ロッテ キャンプ情報

ロッテは、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、サインや写真撮影、プレゼントの受け取りといったファンサービスを当面の間自粛すると発表した。

ロッテの一軍は現在、沖縄本島で各チームと練習試合を重ねているが、沖縄本島では14日に第1号の感染者が確認されていた。

新型コロナ対策では、阪神がファンサービスの際にはマスク着用を義務付けているが、サービスそのものを自粛するのはロッテが初めて。

石垣島キャンプでは、選手らは気軽にサインに応じていた。

【ロッテ発表文】

いつも千葉ロッテマリーンズへのご声援、誠にありがとうございます。

マリーンズは、新型コロナウイルスなどの感染症予防の観点から2月15日(土)より、ファンの皆さま、選手、スタッフ等の健康を第一に考え、ファンサービス(サイン、写真撮影、握手、プレゼントの受け渡し等)を一、二軍共に当面の間、自粛させていただくことになりましたのでお知らせします。

今後に関しましては感染状況などを考慮しながら、改めてご案内します。なおチームでは手洗い、アルコール消毒、うがいの徹底。外出時などのマスクの着用を義務付けています。

皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事