ロッテ、走塁ミスで反撃ムードぶち壊し…井口監督「流れ向こうに」

ソフトバンク ロッテ

◆ロッテ3-5ソフトバンク◆
ロッテに勝負所で痛い走塁ミスが出た。

1点を追う七回裏一死二、三塁で、打者鈴木。打球はショートへのどん詰まりのハーフライナーとなったが、三走・平沢が飛び出しており併殺となった。

打球が当たった瞬間にスタートを切る約束だった可能性もあるが、打った瞬間に凡打であることは判断出来たはずで、ランエンドヒットでないならば、ボーンヘッドという他ない。

ミスで反撃ムードが萎む中、直後の八回に先頭のデスパイネにソロ本塁打が飛び出し、突き放された。

井口監督も試合後「打線が点を取れなかったので流れが向こうにいった」と指摘した。

関連記事