ロッテ、コロナ禍で22人入れ替え、藤原恭大ら昇格【10月6日公示】

スポーツ セリーグ ロッテ NPB公示

ロッテは6日、新たに新型コロナウイルス感染が判明した7選手と濃厚接触者4選手の計11人の出場選手登録を抹消、11人を登録した。阪神が9月25日に糸原健斗内野手ら19人を入れ替えたが、それを上回る人数。

コロナ陽性となったのは、荻野貴司外野手、角中勝也外野手、清田育宏外野手、菅野剛士外野手、鳥谷敬内野手、藤岡裕大内野手、三木亮内野手の7人。東妻勇輔投手、小野郁投手、和田康士朗外野手、山本大貴投手の4人は、5日に抹消された岩下大輝投手の濃厚接触者となり、抹消された。

主力がごっそり抜ける緊急事態に、緊急昇格したのは佐々木千隼、成田翔、フローレスの3投手に宗接唯人捕手、福田光輝、松田進、細谷圭、茶谷健太、西巻賢二の5内野手、藤原恭大、高部瑛斗両外野手の計11人。18年ドラフト1位の藤原はイースタン・リーグで打率.230ながら7本塁打、14盗塁をマークしている。

井口監督は「主力が抜けるのは残念だが、逆に言えば若い選手にはチャンス」と昇格組の奮起を期待した。

【登録】
▼佐々木千隼(ロ)
▼成田翔(ロ)
▼J.フローレス(ロ)
▼宗接唯人(ロ)
▼福田光輝(ロ)
▼松田進(ロ)
▼細谷圭(ロ)
▼茶谷健太(ロ)
▼西巻賢二(ロ)
▼藤原恭大(ロ)
▼髙部瑛斗(ロ)

【抹消】
▼東妻勇輔(ロ)
▼山本大貴(ロ)
▼小野郁(ロ)
▼鳥谷敬(ロ)
▼藤岡裕大(ロ)
▼三木亮(ロ)
▼荻野貴司(ロ)
▼清田育宏(ロ)
▼角中勝也(ロ)
▼菅野剛士(ロ)
▼和田康士朗(ロ)

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事