ロッテ、アウディ→ベンツにリリーフカー乗り換え

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ロッテ

ロッテは17日、ZOZOマリンスタジアムの公式戦でベンツをリリーフカーに使用すると発表した。20-22シーズンに提供される。15年から19年は同じドイツ車メーカー、アウディから提供されていた。

新たに使用されるのは「メルセデス・ベンツ S560 カブリオレ」。ホーム側が白、ビジター側がブラックで、いずれもロッテ仕様にラッピングされている。この車種の価格は2260万円からだが、メルセデス・ベンツ日本がロッテに提供するという。

車両は千葉ロッテマリーンズ仕様にラッピングされており、マリーンズ側がホワイト、ビジター側がブラック。

同社は、今季のZOZOマリン公式戦の使用球にもロゴを入れるなど、ロッテを全面支援する構えだ。今季のロッテ救援陣はベンツに乗ってさっそうと登場することになるが、パフォーマンスは上がるだろうか。

文/BBNEWS編集部 写真/instagramより

関連記事