リクエスト成功で矢野ガッツ…からの一挙7失点に怒声飛び交う

エンタメ・話題 阪神 日ハム

◆阪神5-10日本ハム◆
阪神が七回、一挙7点を奪われて大敗、日本ハムに連敗した。

矢野監督が満面の笑みで矢野ガッツを繰り出した直後の惨劇だった。日本ハム2点リードで一死一塁の場面、代打・中田翔の左中間を破る当たりで一塁走者・清水が本塁へ。高山からのボールを中継した北條が梅野にストライクの返球をしたが、判定はセーフに。これに対して矢野監督のリクエストが成功し、追加点を防いで二死二塁となり、阪神ベンチは大盛り上がり。流れは阪神に傾いたと思われた。

しかし、そこから先発・岩田が西川、大田、王の三連打を許して2点を失い、さらに近藤に四球、清宮には押し出しの死球を与えて降板。代わった馬場が渡辺にバックスクリーンへの満塁本塁打を浴び、リクエスト成功時には大歓声に包まれていた甲子園のスタンドは怒声が飛び交う殺伐とした雰囲気に一変した。

先発・岩田は6回2/3を投げて10安打8失点で2敗目。「あそこでちゃんと流れが来ていたのに、つかみきれなかった」と悔やんだ。矢野監督は「岩田らしい前半の投球から、もう一人というところで頑張ってほしかった…」と語った。岩田の前回登板では、ヤジを飛ばした観客に応戦した矢野監督だが、今回の甲子園の怒声には無反応だった。

関連記事