ヤクルトM6のまま、阪神と2ゲーム差「あと一歩」高津監督

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト 中日

◆ヤクルト3-5中日◆
ヤクルトは中日に逆転負け。先発・石川が1点リードの五回に4失点した。

根尾に同点適時打を許すと、ビシエドを追い込んだが、低めの変化球を弾き返され、2点適時打となった。さらに高橋周にも適時打を打たれた。

高津監督は石川について「そうですね。別に投げ急いでいるようにもみえなかったですし、特別あの回だけというようにも見えなかったんですけど、もう一歩、あと一歩というところですね」「ちょっと粘りきれなかったかな」と振り返った。

ヤクルトは残り9試合、阪神は8試合。直接対決も2試合ある。指揮官は「今日は投手のところで、もうひと粘りが欲しかったですけど、言っても簡単なことではない」「食らいついていく気持ちは、打つ方も投げる方も持って、また戦いたいなと思います」。2年連続最下位からの優勝を目指す。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事