ヤクルト5四死球の走者全員生還許し大敗、小川監督「もったいないというか…」

DeNA ヤクルト

◆ヤクルト4-9DeNA◆
ヤクルトが13安打を放ちながらも投手陣の自滅で大敗した。

まず先発の小川だ。1点リードの四回に先頭の筒香を歩かせ、柴田の適時打で同点とされる。味方の援護で2点リードとなった五回には、またしても先頭の神里に死球を与え、佐野の適時二塁打、筒香の犠飛でまたしても同点に。

六回には2番手・梅野が2四球後に適時二塁打を浴びで勝ち越され、代わった3番手・久保が佐野に四球を与えると、4番手・大下がロペスに満塁ホームランを浴び、試合が決まってしまった。

小川監督は試合後、「もったいないというか、力なのか。四球が失点に絡んでいる現状が多い。あの回(六回)がすべてになってしまった。投手起用のミスということになるのかな」とぼやいた。

関連記事