ヤクルト退団イノーア台湾へ 林威助監督「日式」推進

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト CPBL(台湾プロ野球)

今季限りでヤクルトを退団したガブリエル・イノーア投手が、台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズと来季契約を結ぶ見通しとなった。

米メディアESPNのダニエル・キム記者がツイートした。

イノーアは今季、ヤクルトに加入したが、9試合で0勝3敗、防御率10.13という成績で10月に帰国、退団が発表された。


中信は阪神を退団したオネルキ・ガルシアとの契約を発表したばかり。今オフはNPB退団者を2人獲得、元日本ハムのミッチ・ライブリーを含め、4人の助っ人のうち3人をNPB経験者で固めた。来季から指揮を執る元阪神の林威助監督は「日式」の野球を目指しているが、それに見合った編成となる。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

関連記事