ヤクルト無観客試合「土手からの観戦もご遠慮ください」

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ヤクルト

ヤクルトは28日、NPBが無観客試合を行うよう決めている期間中に戸田球場で予定している春季教育リーグ3試合について、スタンドだけでなく土手からの観戦もしないように呼び掛けた。

対象は3月1日の巨人戦、6、10日の楽天戦の3試合。球団は「プロ野球12球団および一般社団法人日本野球機構は、2020年度春季非公式試合(オープン戦)および春季教育リーグについて、2月29日(土)~3月15日(日)の全試合を無観客試合として開催することを決定しました。これは、政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針に沿い、決定したものです」と説明。

「これを受け、戸田球場で開催予定の春季教育リーグを無観客試合となります。現在の国内の状況を踏まえ、土手からの観戦もご遠慮くださいますようよろしくお願い致します」と呼びかけている。

戸田球場は三塁側に土手があるため、スタンドに入らなくても観戦が可能。土手は球場の敷地外で、公園の遊歩道も通っている。立ち入り禁止にするのは難しいと思われるが、立ち止まらないように呼び掛ける警備員を配置するなどの対応が予想される。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事