ヤクルト最下位「責任感じる」高津監督、奥川も挨拶

NPB(プロ野球) スポーツ 広島 ヤクルト

◆ヤクルト3-7広島◆
2年連続で最下位に終わったヤクルト高津監督が試合後、「監督として責任を感じている」などと挨拶した。

就任1年目を総括し、「大変なシーズンでしたが選手は頑張ってくれた」「1つでも多くの勝ちを皆さんに届けたかったんですが、なかなかそれが出来ず、監督として責任を感じております」と述べた。

だが、すぐに話題を変えた。「ただ、来年に向かって、有望な選手が今日先発しました。奥川」。

この日先発としてプロ初登板し、2回0/3、57球を投げて9安打5失点で敗戦投手となった奥川を呼び、スピーチするよう促した。

奥川は「1年目の奥川です。今日の試合の反省を活かして、来年はしっかり活躍したい」とはにかんだ。

来季は最下位を脱出したい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆奥川恭伸
背番号 11
カナ オクガワ・ヤスノブ
出身校 星稜
誕生日 2001年4月16日
年齢 19
血液型 O
身長 184
体重 82
所属履歴 星稜(甲)
キャリア 1年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場
年俸 1600万円
契約金 1億円
家族 独身

関連記事