ヤクルト川端慎吾は1億円減の4000万円で更改「腰がきつかった」

ヤクルト 契約更改

ヤクルトの川端慎吾内野手が、1億4000万円から約70%ダウンとなる4000万円で契約を更改した。

川端は4年契約最終年の今季は37試合の出場にとどまり、打率.164に終わった。減額制限(40%)を大幅に超えるダウン幅となった。

川端は「腰がきつかった。納得のいくバッティングが出来ていないし、打球を見ていても情けない」と振り返り、「何とかサードのポジションにつきたい」と来季の課題を挙げた.

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事