ヤクルト小川泰弘は200万減の9000万で更改「フォーム変えて失敗だった」

プロ野球 ヤクルト 契約更改

ヤクルトの小川泰弘投手が20日、200万円ダウンの年俸9000万円で契約更改した。

今季は開幕投手から最後まで先発ローテーションを守り切って26試合に登板、チーム最多の159回2/3を投げたが、防御率4.57で5勝(12敗)に終わった。

小川は「イニング数は評価してもらった。投手の中心としてやってもらわないと困るという言葉をもらったので、しっかり一から鍛え直していきたい。(今季は)フォームを変えて結果的に失敗だった」と話した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事