ヤクルト奥川9勝でM点灯「優勝に向け一生懸命投げたい」

ニュース

◆ヤクルト4-1阪神◆
ヤクルト・奥川が首位攻防戦の初戦に登板、6回2/3を4安打1失点の好投で9勝目を挙げた。

四回までノーヒットと完璧な立ち上がり。五回二死から大山に初安打となるソロ本塁打を許したが、大崩はしなかった。

ただ、七回は55イニングぶりの四球を出すなど疲れを見せ、二死満塁で降板。2番手・田口が代打/糸井を三振に打ち取ると、ベンチからマウンドに向かって拍手した。

お立ち台では冒頭に「チームもこの週がヤマ場だと思って頑張っていますし、大事な初戦だったのでもう少し長いイニング投げたかったです」と反省の弁。

「最初は良かったんですけど、後ろの方でピンチを作ってしまって投げきれなかったので少し悔しいです」と七回の降板を悔やみ、田口に「本当にありがとうございます」と感謝した。

ただ、大事な時期に4連勝で小川と並ぶチームトップの9勝目。チームの終盤の快進撃の原動力となっているのは間違いない。インタビューの最後には「これから優勝に向かって一生懸命投げたい」と力強くコメントした。優勝と二桁勝利を手にすれば、逆転での新人王獲得も見えてくる。

文・写真/BBNEWS編集部

◆奥川恭伸
背番号 11
カナ オクガワ・ヤスノブ
出身校 星稜
誕生日 2001年4月16日
年齢 20
血液型 O
身長 184
体重 82
所属履歴 星稜(甲)
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場 20年11月10日広島=神宮
年俸 1600万円
昨季年俸 1600万円
家族 独身

関連記事