ヤクルト奥川「本当に嬉しい」5回5失点初勝利

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト

◆ヤクルト11—7広島◆
ヤクルトの2年目右腕・奥川が5回10安打5失点ながら、プロ初勝利。初のお立ち台で愛らしい笑顔を見せた。「ずっと立ちたいなあと思っていたので、本当に嬉しいです」。

初回に5安打を浴びて4失点したが、裏に同点に追いつくなど、味方の大量援護に守られて5回84球を投げた。

強い雨による55分の中断もあったが、球数が増えるにつれて疲労が見えた。主砲の鈴木には特大弾を浴びた。ストレートは140キロに満たなくなり、フォームのバランスが悪くなってシュート回転し、逆球を連発。さらには中村のサインを見間違え、変化球を投じる場面も合った。

だが、五回には2三振。「立ち上がりから自分のボールを操ることができず、甘く入ったり、追い込んでからも、なかなか決めきれず、苦しい立ち上がりでしたが、先輩たちが何度も追いついてくれて勝ち越してくれて、その気持ちに乗せられて、四、五回はしっかりと腕を振ることができた」「五回のような投球を続けていきたい」

直球は148キロ止まりだったが、本来なら150キロを超える。スライダーも切れ、制球も高い精度を誇っている。

「今日は助けてもらったので、今度はチームを助けられるような投球を見せたい」。将来のエースに白星がついたのは大きい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆奥川恭伸
背番号 11
出身校 星稜
誕生日 2001年4月16日
年齢 19
血液型 O
身長 184
体重 82
所属履歴 星稜(甲)
キャリア 2年
投打 右右
ドラフト年度 19
ドラフト順位 1
公式戦初出場 20年11月10日広島=神宮
年俸 1600万円
昨季年俸 1600万円
家族 独身

関連記事