ヤクルト坂口、驚異の選球眼

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト

「一番・坂口」がヤクルト打線をけん引している。

36歳の今季は盗塁を2回試みて2回とも刺されており、足を使える一番打者ではない。しかし、.429の高い出塁率で山田、青木、村上につなぎ、ヤクルトの得点力に貢献しているのだ。

かつてはパ・リーグの最多安打を獲得した持ち前のバットコントロールで打率も.280をマークしているが、驚異的なのは選球眼だ。ここまで63打席でリーグトップの13四球を選んでいる。

3ボールまで行った20打席のうち、四球を選んだのが13打席。残る7打席も4安打。つまり、坂口を相手に3ボールまで行くと、85%は出塁させてしまうというデータだ。13四球のうち、8個は走者なしの場面。ピンチに歩かされている訳ではない。

昨季はケガに泣いたが、見事に復活。バレンティンが抜けたヤクルト打線の新たな得点パターンを作り上げている。

文・写真/BBNEWS編集部

◆坂口智隆
背番号 42
カナ サカグチ・トモタカ
出身校 神戸国際大付
誕生日 1984年7月7日
年齢 36
血液型 O
身長 181
体重 82
所属履歴 神戸国際大付(甲)-近鉄―オリックス
キャリア 18年
投打 右左
ドラフト年度 02
ドラフト順位 1
公式戦初出場 03年10月7日オリックス=ヤフーBB
年俸 1億1500万円
昨季年俸 1億4000万円
タイトル (安)11(ゴ)08~11
家族 独身

関連記事