ヤクルト全11チームに負け越し、小川監督「監督の力が足りず…」

巨人 ヤクルト

◆ヤクルト2-1巨人◆
ヤクルトが全11チームに負け越す史上初の「完全敗北」のシーズンをおえた。最終成績は59勝82敗2分けの借金23。

セ・リーグの巨人戦11勝14敗、DeNA戦10勝15敗、広島戦12勝13敗、阪神戦9勝14敗2分け、中日戦11勝14敗。

パ・リーグとの交流戦では全6カードに1勝2敗だった。

5月から6月にかけてはリーグワーストタイの16連敗。退任する小川監督は「昨年の2位からたくさんの期待をいただきながら監督の力が足りず最下位となりました。ファンの方に申し訳ないと思っております。神宮での戦い、16連敗という不名誉な記録を残して悔しい気持ちでいっぱいです。新体制のもと若い選手、ベテランが一体となって優勝を勝ち取ってくれると思っております」と語った。

関連記事