ヤクルト借金21…2度の敬遠が裏目に出て接戦落とす

DeNA ヤクルト

◆DeNA4-3ヤクルト◆
ヤクルトが接戦に競り負けて5連敗。今季最多の借金21となった。

ヤクルトは四回にバレンティンの適時二塁打で先制したが、直後の四回裏、二死二塁からロペスを歩かせた敬遠策が裏目に出て大和に逆転2点三塁打を浴びてしまう。

八回に同点に追いつき、勝ちパターンのハフを投入したが、同点で迎えた九回裏、一死二塁で代打佐野を歩かせる敬遠策がまたしても実を結ばず、4番手・近藤が神里、宮崎に連打を許してサヨナラ負けを喫した。

小川淳司監督は試合後「追いついても、なかなか追い越せない。結果的にそれで負けている試合が多い」と湿りがちな打線をボヤいたが、チームにとっては先制点直後に逆転を許した四回の守りが痛かったのは間違いない。

関連記事