ヤクルト・畠山が最後の打席で有終の美!阿部がアシスト?

中日 ヤクルト

◆ヤクルト-中日◆
今季限りでの現役引退を表明している畠山和洋内野手が、代打で安打を放った。

8点を追う六回の攻撃、四番・バレンティンの代打で畠山がコールされると、スタンドは大歓声に。目に涙を浮かべながら打席に入った畠山は、カウント2-2からの6球目をフルスイング。高く打ち上げた打球は二塁手と外野手の間に落ちる安打となった。

打球を追っていた阿部は一度足を止め、打球が落ちてきてから飛びついたがボールには触れず「H」ランプが灯った。最後の打席をエラーにしないためのマスターの優しい配慮だったかもしれない。

この試合は同じく今季限りでの引退を表明している館山昌平投手が先発し、先頭の大島を二ゴロに打ち取り、有終の美を飾った。

関連記事