ヤクルト・田川がプロ7年目で初勝利「ハラハラドキドキでした」

広島 ヤクルト

◆広島7-8ヤクルト◆
ヤクルトの7年目右腕・田川が先発で六回途中1失点の好投、うれしいプロ初勝利を挙げた。

序盤からヤクルト打線が活発で、五回を終えて0-8と大量リード。六回に坂倉に適時打を許し、二死満塁で降板したがこの時点で1-8。初勝利は確実と思われた。

ところが、七回に3番手石山が4点を失って5-8、九回には守護神・マクガフも2失点で7-8まで追い上げられたが、最後は二死一、二塁から小園を三振に打ち取って辛くも逃げ切った。

田川は「プロ7年目で初勝利まで時間かかったが、これには意味があったのかな。初勝利はハラハラドキドキした」と思わぬ展開での初勝利を振り返った。

関連記事