ヤクルト・ブキャナン、三塁コーチの制止無視して本塁突入

エンタメ・話題 巨人 ヤクルト

◆ヤクルト6-10巨人◆
好走か、暴走か。ヤクルト・ブキャナンが三塁の河田コーチの制止を無視して激走し、生還。勢いづいたヤクルトが一時は同点に追いついた。

0-3の三回、先頭・ブキャナンがバント安打で出塁。続く太田の左中間への当たりで一塁から一気に本塁に突入した。

河田コーチは両手を挙げて止まれの合図を示したが、ブキャナンは少しもスピードを緩めることはなかった。左中間の当たりだったため、野手の中継プレーもきちんと見えていたのだろう。

アウトになれば厳しく叱られたに違いないプレーだったが、球場は多いに湧いた。一方、肝心の投球では3回3失点で降板。勝ち負けはつかなかった。

関連記事