ヤクルト・スアレスも「陰性」

NPB(プロ野球) スポーツ ヤクルト

ヤクルトは6日、発熱や喉の痛みで新型コロナウイルスのPCR検査を受けていたスアレスが「陰性」だったと発表した。

スアレスは3日の練習試合中日戦に登板したが、4日の練習後に37.2度の発熱があり、喉の痛みも訴えたことから、都内の病院でPCR検査を実施。結果は陰性で、急性咽頭炎と診断された。

ヤクルトは同じ日にPCR検査を受けた村上も前日に陰性が確認されている。

プロ野球界では、3月に感染が判明した阪神の藤浪晋太郎ら3選手に加え、巨人の坂本勇人、大城卓三も3日に陽性と判明。6月19日開幕への影響も懸念されたが、隔離期間不要の“微陽性”という新たな概念を導入する事で危機回避を図っている。

文・写真/BBNEWS編集部

◆スアレス
背番号 43
フルネーム アルバート・スアレス
出身校 ヘスス・デ・ナザレ高
誕生日 1989年10月8日
年齢 30
身長 190
体重 106
所属履歴 レイズ2A―エンゼルス2A―ジャイアンツ―Dバックス3A
キャリア 2年
投打 右右
公式戦初出場 19年4月25日巨人=神宮
年俸 4360万円
昨季年俸 4950万円
家族 既婚

関連記事