ヤクルト‐阪神「エラー合戦」矢野監督が抗議

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 ヤクルト

◆ヤクルト‐阪神◆
中盤に両軍の守備が乱れ、乱戦となった。

1-1の五回、阪神の攻撃では一死二塁から田口が牽制悪送球で二走・近本が三塁へ。二死後、マルテの三頃をオスナが一塁へ悪送球し、阪神に勝ち越し点が入った。

その裏、ヤクルトが西浦の一発で同点に追いつき、なお一死二塁の場面では、今度は中村のボテボテの三ゴロで二走・田口が飛び出したのを見た大山が三塁カバーの中野へ悪送球。田口が一気にホームインしてヤクルトが逆転した。

失策の「返礼」をしてしまった阪神は、矢野監督が田口が3フィートオーバーしているのではないかと抗議したが認められなかった。

五回までに両軍合わせて4失策。試合は4-4の同点で終盤に突入した。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事