ミランダ51日ぶり4勝目、中信が楽天引き離す【台湾プロ野球】

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

台湾プロ野球(CPBL)中信ブラザーズのミランダ(前ソフトバンク)が28日の富邦ガーディアンズ戦に先発、7回3失点で4勝目を挙げた。

ミランダは初回、李宗賢に先頭打者本塁打を浴びるも、その後は落ち着いた投球。四回に犠飛と適時二塁打で2点を失ったが、中信が五回に逆転し、5月8日以来の勝利投手となった。

首位・中信は4連勝で2位楽天に2ゲーム差をつけた。前期の残り試合は中信が12試合、楽天が14試合。終盤の首位攻防に、チアたちも盛り上がっている。

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLTVより

関連記事