ミランダ好投で中信4連勝 10日にも優勝

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ CPBL(台湾プロ野球)

台湾プロ野球(CPBL)は5日、首位の中信ブラザーズが統一ライオンズに11-2で快勝。前期優勝に近付いた。

元ソフトバンクのミランダは、6回4安打2失点の好投を見せ5勝目。チームは対統一戦10連勝となった。

2位の楽天モンキーズが敗れたため、中信とのゲーム差はこれで4.0に。中信が7試合、楽天が9試合を残し、直接対決も3試合あるためマジックは点灯していないが、最短では10日に前期優勝が決まる。

中信のチアチーム「Passion Sisters」も盛り上がっている。

「来週、素敵な事が降臨するのを期待しましょう」
もう優勝を確信している。ちなみに、チュンチュンの当番日は8日と10日。10日に優勝が決まれば、ネット中継でチュンチュン歓喜の瞬間を見ることができそうだ。

大詰めのCPBL、5日終了時点の順位は以下の通り。

1位 中信 33勝20敗  ――(残7)
2位 楽天 28勝23敗  4.0(残9)
3位 統一 23勝32敗 11.0(残5)
4位 富邦 21勝30敗 11.0(残9)

文/BBNEWS編集部 写真/CPBLTVより

関連記事