ミランダが6回無失点でソフトバンクが連敗脱出、あのマシンのおかげ?

エンタメ・話題 ソフトバンク オリックス

◆ソフトバンク9-2オリックス◆
ソフトバンクの先発・ミランダが、6回を投げ3安打無失点の好投でチームを連敗脱出に導いた。

チームは3連敗中で日本ハムと0.5ゲーム差。負ければ首位陥落もある中での先発に「今日が絶対に落とせない試合っていうつもりで、責任感を持ってマウンドに立った」と気迫のピッチング。最速150キロの直球と変化球の緩急でオリックス打線を翻弄し、散発3安打の危なげない投球だった。

ミランダは前回21日の楽天戦で5回途中2失点で降板したが、この日の登板までの間、“新兵器”で調整していた。

ミランダが使用しているのは米ノーマテック社の「PULSE2.0」という最先端の疲労回復マシン。サッカーのイニエスタらトップアスリートも愛用している。

今回の好投にこのマシンが一役買っていたとすれば、暑い夏場の戦いではミランダのさらなる活躍が期待できるかもしれない。

関連記事