マルテ虎令和1号「日本の特別な日にうれしい」

阪神 広島

◆阪神6-2広島◆
阪神の新外国人・マルテが来日1号となる本塁打を放った。

3点リードの六回、菊池保の真ん中高めの直球を振り抜くと、打球は左中間スタンドへ。チームの令和初本塁打となるソロ弾で、貴重なダメ押し点を叩き出した。実はこのコースは得意の“マルテゾーン”。4月25日のウエスタンリーグ・ソフトバンク戦での本塁打も中田のカーブを同じような弾道で左中間に放り込んでいた。

30日に急遽1軍に召集され、前日までの2試合8打席は、打球が内野の頭を越すことがなく1安打。2併殺、2三振と苦しんできた。しかし、得意のゾーンを見逃さずに3試合目で本塁打。「日本の特別な日に、自分の初めてのホームランを打ち、チームも勝てたのでうれしい」と喜びを表した。ふくらはぎ痛で一か月出遅れてのデビューとなったが「これからファンの人たちのために、いいショーを見せられるように頑張りたい」と、巻き返しを約束した。

関連記事