マルテ、藤浪、木浪、守屋はどうなる?【キャンプ見どころ・阪神】

NPB(プロ野球) 阪神 特集企画・連載 キャンプ情報

間もなくキャンプイン。各チームのキャンプの見どころを紹介する。

2年目を迎える矢野阪神の見どころは多い。

1.助っ人サバイバル

球団史上最多となる8人の助っ人外国人を雇用した今季、呂彦青を除く7人が一軍キャンプに参加する。内訳は野手3人、投手4人だが、ポジションも重なることから野手は2人、残る2人を投手にするのが現実的だろう。するとボーア、サンズ、マルテのうちの1人、ガルシア、スアレス、エドワーズ、ガンケルのうちの2人が振るい落とされることになる。

2.藤浪晋太郎の再生なるか

昨秋のキャンプで臨時コーチを務めた山本昌広氏の指導やオフに中日投手陣とともに受講したドライブラインのトレーニングの効果がどう出るのか。キャンプ前から鳴尾浜ではブルペンで150キロ超の球を投げ込み、本人は好感触を口にしているが、周囲からは「去年より悪くなっている」「悪いことを認めたがらないからなかなか直らない」と厳しい指摘も。

3.遊撃争い

昨年は木浪、北條、ソラーテ、植田、糸原が守った遊撃のポジション。果たして誰になるのか。ざっくり言って打力ならば北條、守備力ならば植田、総合力で木浪といったところか。昨季、課題の打撃で進境を見せた植田がどこまで食い込めるか。

4.守屋功輝投手は?

阪神らしい危機管理能力のなさをさらけ出した守屋投手のDV問題。球団が聞き取り調査をして守屋投手に問題なしと判断したことは結構だが、係争中の相手が居て、書類送検という事実がある中での一軍キャンプ参加という判断はどうだったのか。これ以上話がこじれないことを祈るばかりだ。

【一軍キャンプメンバー】(沖縄・かりゆしホテルズボールパーク宜野座、2月1~26日)

投手=能見篤史、西勇輝、岩貞祐太、馬場皐輔、藤浪晋太郎、△中田賢一、藤川球児、小野泰己、髙橋遥人、谷川昌希、浜地真澄、△ジョン・エドワーズ、守屋功輝、秋山拓巳、△ジョー・ガンケル、青柳晃洋、飯田優也、望月惇志、岩崎優、△ロベルト・スアレス、オネルキ・ガルシア、伊藤和雄、横山雄哉(23人)
捕 手=坂本誠志郎、梅野隆太郎、原口文仁、片山雄哉(4人)
内野手=上本博紀、木浪聖也、北條史也、大山悠輔、熊谷敬宥、ジェフリー・マルテ、糸原健斗、△ジャスティン・ボーア、陽川尚将、植田海(10人)
外野手=近本光司、糸井嘉男、福留孝介、髙山俊、江越大賀、△ジェリー・サンズ、島田海吏(7人)
△=移籍

【二軍】(高知・安芸タイガース球場、2月1~26日)

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事