マジック点灯目前?巨人は50勝、山口は10勝に一番乗り

巨人 ヤクルト

◆ヤクルト3-6巨人◆
巨人が5連勝し、両リーグで50勝に一番乗りした。

最下位ヤクルトとの勢いの差は明らかで、試合運びは危なげなかった。3点をリードした三回にバレンティン、村上、雄平の3連続適時打で追いつかれたが、反撃はここまで。先発・山口が乱れたのはこの回だけだった。

四回、六回は三者凡退。七回途中まで107球を投げ、7安打3失点。両リーグ最速で10勝目を挙げた。

山口は巨人で唯一、ローテーションを開幕から守り抜いている。16試合で13回もクオリティスタートを達成しており、投球回が5回未満だったのは一度しかない。

圧倒的な力で抑え込む訳ではないが、安定感は巨人の先発投手では一番だろう。

「自分の中で波はあるけど最低限は試合をつくれているのかなと思う。チームのために1勝でも多く頑張る。気を抜くことなく1試合1試合戦っていきたい」と山口。持ち味を良く理解している。

七回二死からの継投も見事。左のリリーフに定着しつつある田口が青木を抑え、八回はマシソン、九回は中川の勝ちパターンに。前日に引き続き、安定感を見せた。

最短で18日のマジック点灯へまっしぐらだ。

関連記事