ベルト壊れた高橋周平「初球から行くしか」で決勝3ラン

日ハム 中日

◆中日4-2日本ハム◆
中日が高橋周平の先制3ランで快勝、連敗を3で止めた。

初回、二死一、二塁で打席に立った高橋は、日本ハムの先発・有原の初球を捉えてライトスタンドに打ち込んだ。与田監督が「このところ初回に複数得点が入ることがなかったので、出だしが良かった」と称賛した効果的な一発で、結局、これが決勝点となった。

ただ、本塁打を放ってダイヤモンドを一周する間、高橋の左手が不自然にお腹のベルト辺りを触っていた。真相が明かされたのはお立ち台。高橋は「打席に入った時にベルトが壊れてしまって」と衝撃の告白。「どうしようと思ったけど、まあいいかと。初球から行くしかないなと」強振した結果のホームランだったという。ナゴヤドームのスタンドは爆笑に包まれた。

とはいえ、中日は主将がパ・リーグを代表する投手・有原から本塁打を放ち、エース柳は7回6安打1失点の好投でハーラー単独トップの8勝目。この勝利で勢いに乗っていきたいところだ。

関連記事