プロ野球年俸番付 鳥谷敬・青木宣親世代(81年度生)

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス 中日 日ハム ロッテ 広島 ヤクルト 楽天 年俸

年俸は前年までの成績と期待値、若手なら将来性を加味して決められる。ともに甲子園を目指した同学年の選手たちの序列はどうなっているのか。世代ごとの年俸番付を見てみよう(金額は推定)。

高卒21年目、大卒17年目世代も8人のみ。その順位はこうだ。

1位 サファテ (ソ) 70000
2位 糸井 嘉男 (神) 40000
3位 青木 宣親 (ヤ) 34000
4位 鶴岡 慎也 (日) 6000
5位 藤井 淳志 (中) 4200
6位 髙谷 裕亮 (ソ) 3400
7位 岩隈 久志 (巨) 2000
8位 鳥谷 敬 (ロ) 1600

トップのサファテはNPB最高年俸。本人やファンはもちろんだが、契約の責任者も今季の復活を祈っているだろう。2位の糸井嘉男は今季が4年契約の最終年。いい所を見せたい。

3位青木宣親は昨季も3割近い打率に16本塁打とまだまだ元気。NPB通算打率は.326と歴代最高だ。その青木と早大同期の鳥谷は阪神の引退勧告を蹴って4億円から96%減でロッテへ。意地を見せたい。

7位の岩隈はメジャーでは最高1400万ドル(約15億円)だった。復活を果たすことができるか。因みに高卒で入団したのは岩隈のみだ。

この世代の平均は2億150万円。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事