プロ野球年俸番付 熱男・おかわり世代(83年度生)

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス 中日 日ハム ロッテ 広島 ヤクルト 楽天 年俸

年俸は前年までの成績と期待値、若手なら将来性を加味して決められる。ともに甲子園を目指した同学年の選手たちの序列はどうなっているのか。世代ごとの年俸番付を見てみよう(金額は推定)。

高卒19年目、大卒15年目世代の順位はこうだ。

1位 松田 宣浩 (ソ) 45000
2位 中村 剛也 (西) 35000
3位 ロペス (De) 23000
4位 金子 弌大 (日) 18000
5位 栗山 巧 (西) 15000
6位 青山 浩二 (楽) 7000
6位 川島 慶三 (ソ) 7000
8位 近藤 一樹 (ヤ) 6700
9位 大竹 寛 (巨) 5000
10位 岩田 稔 (神) 3800
11位 井野 卓 (ヤ) 1400
12位 岡﨑 太一 (神) 1300

首位は熱男・松田宣浩。通算1638安打、274本塁打の打撃成績も立派だが、8度のゴールデングラブ賞、そしてチームのムードメーカーとしての役割も加味しての高評価だ。ソフトバンクが4年連続日本一となっていること、資金力が球界トップということも要因だ。

2位の中村剛也は本塁打王6回、打点王4回の実績。チームが違えばもっともらっていてもおかしくない「大選手」だ。4位の金子弌大はオリックス時代に6億円をもらっており、最高額では世代トップだ。

この世代も残り12人と寂しくなっているが、ベテランの復活劇もある。6位の青山浩二はプロ入り後最少の登板数に終わった17年から、勝ちパターンに返り咲いた。9位大竹寛は昨季、二軍暮らしが続く“崖っぷち”から勝利の方程式入り、シーズン後には侍ジャパン入りを果たした。同世代の選手たちにはいい刺激となっただろう。

この世代の平均年俸は1億4017万円だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事