プロ野球年俸番付 平田良介「浪速の四天王」世代(87年度生)

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス 中日 日ハム ロッテ 広島 ヤクルト 楽天 年俸

年俸は前年までの成績と期待値、若手なら将来性を加味して決められる。ともに甲子園を目指した同学年の選手たちの序列はどうなっているのか。世代ごとの年俸番付を見てみよう(金額は推定)。

高卒15年目、大卒11年目世代の順位はこうだ。

1位 レアード (ロ) 24200
2位 平田 良介 (中) 18000
3位 パーラ (巨) 16500
4位 パットン (De) 16000
4位 マーティン (ロ) 16000
6位 野上 亮磨 (巨) 15000
6位 炭谷 銀仁朗 (巨) 15000
8位 サンズ (神) 12100
9位 ジャクソン (ロ) 12000
10位 銀次 (楽) 11000

日本球界6年目のスシボーイ・レアードがトップ。サメ男・パーラや冷蔵庫パンチ・パットン、強肩・マーティンなど、ベスト10に助っ人が6人も入った。

日本人プレーヤーでは平田良介が最高。下位まで見渡しても年間を通して主力として働いている選手は少なく、俗に「谷間の世代」と呼ばれる。もちろんこの年まで現役でいること自体がハイレベルではあるが、突き抜けた存在が少ないのは、世代としてはやや寂しい。

平田は大阪桐蔭高時代の05年夏、甲子園の準々決勝で1試合3本塁打。同僚の辻内崇伸、T-岡田、鶴直人と共に「浪速の四天王」と呼ばれた。元本塁打王のT-岡田は復活を期す。辻内、鶴は既に引退している。さらに大阪には松井祐介もいたが、まだ現役だ。

11位からは以下のような順位。この世代は28人で平均年俸は8686万円。年俸的にも「谷間」の世代だ。

11位 角中 勝也 (ロ) 10000
11位 大和 (De) 10000
13位 安達 了一 (オ) 9000
13位 T-岡田 (オ) 9000
15位 エドワーズ (神) 8800
16位 十亀 剣 (西) 7000
17位 海田 智行 (オ) 4150
18位 川端 慎吾 (ヤ) 4000
19位 田中 靖洋 (ロ) 3500
19位 祖父江 大輔 (中) 3500
21位 俊介 (神) 3200
22位 荒木 貴裕 (ヤ) 3000
23位 松井 雅人 (オ) 2800
24位 小島 脩平 (オ) 2600
25位 福井 優也 (楽) 2300
26位 細谷 圭 (ロ) 1720
27位 松井 佑介 (オ) 1500
28位 黒羽根 利規 (日) 1350

 

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事