プロ野球年俸番付 内川聖一・亀井善行世代(82年度生)

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス 中日 日ハム ロッテ 広島 ヤクルト 楽天 年俸

年俸は前年までの成績と期待値、若手なら将来性を加味して決められる。ともに甲子園を目指した同学年の選手たちの序列はどうなっているのか。世代ごとの年俸番付を見てみよう(金額は推定)。

高卒20年目、大卒16年目世代は8人のみ。その順位はこうだ。

1位 内川 聖一 (ソ) 24800
2位 亀井 善行 (巨) 11000
3位 内海 哲也 (西) 7500
4位 藤田 一也 (楽) 3600
5位 中田 賢一 (神) 3500
6位 比嘉 幹貴 (オ) 2600
7位 中島 宏之 (巨) 2000
8位 山崎 勝己 (オ) 1500

定位置確保が難しい年代だが、首位の内川聖一は昨季も年間を通じて出場を果たし、日本一に貢献した。今季は膝を痛めたが、開幕延期がプラスになるか。横浜からFA移籍して、常勝チームに貢献する中で高給を得た。

2位の亀井善行も時には一番、時には五番を打つなど、チームの隙間を埋める活躍でセ・リーグの覇権奪回に貢献した。年俸は初の大台突破した。安定した打撃と球際に強い守備力が光る。

7位の中島宏之はオリックス時代は3億5000万円。巨人に移籍した昨季の1億5000万円で、今季は大幅減を飲んで現役続行。今季の復活にかけるが、オープン戦では打率.351に4本塁打と大当たり。活躍が期待できそうだ。

この世代の平均年俸は7063万円だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事