プロ野球年俸番付 ダルビッシュ・涌井・美馬学世代(86年度生)

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神 西武 ソフトバンク DeNA オリックス ロッテ 中日 広島 日ハム ヤクルト 楽天 年俸

年俸は前年までの成績と期待値、若手なら将来性を加味して決められる。ともに甲子園を目指した同学年の選手たちの序列はどうなっているのか。世代ごとの年俸番付を見てみよう(金額は推定)。

ダルビッシュ有(カブス)が東北高2年時に03年夏の甲子園で準優勝。04年は優勝候補筆頭に挙げられていたが、駒大苫小牧が初優勝した。優勝旗が初めて白川の関と津軽海峡を越えた。そんな高卒16年目、大卒12年目世代の順位はこうだ。

1位 デスパイネ (ソ) 40000
2位 陽 岱鋼 (巨) 30000
3位 ウィーラー (楽) 20000
4位 涌井 秀章 (楽) 12500
5位 大野 奨太 (中) 10000
6位 エスコバー (ヤ) 8800
7位 美馬 学 (ロ) 6500
8位 井納 翔一 (De) 6100
9位 上本 博紀 (神) 4800
9位 榎田 大樹 (西) 4800
11位 石川 雄洋 (De) 3900

この世代もトップは助っ人。来日7年目のデスパイネは、日本で実績を積み重ねて年俸を上げた。2位の陽岱鋼は台湾から福岡第一高に野球留学し、ドラフトでは日本ハムとソフトバンクが競合した。FAで巨人と5年15億円の大型契約を結び、今季が4年目。今季は年俸に見合った活躍が求められる。

日本人では4位の涌井秀章がトップ。横浜高時代は1学年上の成瀬善久と共に03年春の甲子園で準優勝した。ここ3年は一ケタ勝利にとどまっているが、新たな環境で沢村賞右腕が復活なるか。

その涌井と入れ替わる形でロッテ入りした美馬学は7位。大学時代から度重なる故障を乗り越え、社会人を経てプロ入りした。今季の成績では負けられないだろう。

この世代は11人のみ。平均年俸は1億3400万円とハイレベルだ。

世代出世頭のダルビッシュは2012年からメジャーでプレー。今季の年俸は2200万ドル(約24億円)だ。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事