プロ野球「観客数万人」へ 19日から上限50%に緩和

NPB(プロ野球) スポーツ パリーグ 巨人 阪神 DeNA

プロ野球の観客数の上限が19日から、「収容人数の50%以内」へと増える見通しとなった。11日、「新型コロナウイルス感染症対策分科会」でイベントの参加人数に関する案が示された。プロ野球、Jリーグなどの観客数は会場の収容人数の50%を上限として認める内容となっている。

政府案では、会場の収容人数が1万人を超えるイベントは感染対策の実施を条件に、「5000人以内」の要件を撤廃する。数万人が参加するイベントも可能となる。

最大収容人員は、最も多い甲子園が約4万8000人、東京ドームが4万6000人。最も少ない横浜スタジアムは3万人。日本シリーズ終了まで、その半分が上限となる見込みだ。坂本勇人らの感染者を「微陽性」と発表した巨人は2万3000人程度を入れると予想される。各球団の対応が注目される。

現在の指針では、イベントの参加人数を「入場者数5000人以内」もしくは「収容人数の50%以内」のいずれか少ない方を上限にしている。西村経済再生相は分科会の会合で「感染防止が徹底され、クラスターが発生していない」「制限を緩和したい」と述べた。19日以降の4連休から適用する方針。11月末を期限とし、以降は感染状況を踏まえて検討する。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事