プロ初黒星の吉田輝星、中日から称賛の嵐

中日 日ハム

◆中日8-4日本ハム◆
中日が日本ハムのドラフト1位ルーキー・吉田輝星から3回で5得点を奪う“プロの洗礼”を浴びせ快勝、このカード3連勝を決めた。

初回、平田の二塁打に京田が安打で続き、大島が四球でつないで無死満塁とすると、ビシエドが6球目を右翼フェンス直撃の適時二塁打。高橋も犠飛で続き、一挙3点を奪った。三回には3安打で2点を追加し、3回6安打2四球の5得点で吉田輝をノックアウトした。

吉田輝は「自分の思うボールが投げられなかった。そこが、一番悔しい」と振り返り、栗山監督も「全てがいい勉強」と、日ハム側の自己評価は厳しいものとなった。

ところが、プロの洗礼を浴びせた中日側からは称賛の声ばかり。先制の適時二塁打を放ったビシエドが「手元でいい回転でピュッと伸びてきたのでびっくりした。すごく可能性がある素晴らしい投手」と言えば、先制点のきっかけを作った平田も「真っすぐが下から出てくるイメージで、スピードガンよりも速く感じた」、初回に安打を放った京田も「走者を出したときのけん制とか、間合いとかも上手く、とてもルーキーとは思えない」と持ち上げた。

さらにお立ち台では高橋周平が「甲子園で活躍してたの見てましたし、すごいピッチャーなんだろうなぁと」とヨイショ。与田監督も「素晴らしいボールを投げるよね。真っすぐはプロで何年も戦っている選手たちでも、捉えきれないようないい球もあったし、簡単ではなかった。素晴らしい投手だなと思って見てました」と絶賛した。

勝者の余裕や注目のゴールデンルーキーに対するリップサービスもあるにせよ、初対戦で打ち込まれた相手にこれだけ褒められるのは珍しい。吉田輝の次回登板はさらに注目を集めそうだ。