ビヤヌエバが初犠打、攻撃では原采配が的中

巨人 ヤクルト 動画

◆巨人6-5ヤクルト◆
継投策は失敗したが、九回裏の攻撃では、原監督の意外な采配が当たった。

先頭の岡本が安打で出ると、昨季メジャー20発のビヤヌエバが犠打。一塁の村上は犠打を予想していなかったのか、始動が遅れて失策した。

因みに、ビヤヌエバは初犠打。4月21日阪神戦では犠打を試みるも併殺に終わっていた。

無死一、二塁となり、重信には犠打をさせると思われたが、指示はヒッティング。重信は期待に応えてレフトへサヨナラの二塁打を放った。

原監督は「バントというね、あったんでしょうけども、思い切って打力にかけたというか。見事に応えてくれて良かったですね」と振り返った。

関連記事