バレンティン狙い通り自由契約へ ソフトバンクが調査

エンタメ・話題 巨人 ソフトバンク ヤクルト

ヤクルト・バレンティンが自由契約になる見通しとなった。当初からの狙い通りで、国内FA権を行使しなかったのには訳があった。

バレンティンはヤクルトと結んでいた推定4億4000万円の1年契約が今季で満了した。ヤクルトは残留を望み、FA宣言しての残留も認める方針を示していた。

ヤクルトはバレンティンと残留交渉を行ってきたが、進展はなかった模様だ。11月中に合意に至らなければ、保留者名簿から外れて自由契約となり、他球団との交渉が可能となる。ヤクルトは他球団に先立って交渉を進められる利点を活かせなかった。

バレンティンが自由契約を望んでいたのは、他球団との交渉も自由になる上、自由契約ではFA宣言した場合の年俸上限もないので、より有利な条件を引き出せる可能性があるからだ。

交渉相手の筆頭はソフトバンク。デスパイネがメジャー移籍を希望しているとの情報があり、去就が定かでない。キューバ政府との折衝もある。そのため、日本人扱いとなったバレンティンの獲得に向けた調査を行なってきた。

一方、巨人もレフトを守るゲレーロに代わり、バレンティンの獲得に乗り出す可能性が囁かれていたが、外野手のパーラを獲得したため、ベタ降りしそうだ。

バレンティンがTwitterでフォローしているのはヤクルトの他、ソフトバンク、DeNA、楽天。これらが意中の球団と見られている。日本でのキャリアをスタートしたヤクルトに恩義を感じており、SNSでも感謝を綴っていた一方で、35歳という年齢から、契約年数を重視しているという。

バレンティンはツイッターで、「どの球団へ行こうが、支えてくれたファンを愛している」と宣言。

ここまでの交渉でバレンティンが納得する条件を提示できなかったという事は、来季もヤクルトのユニフォームに袖を通す可能性は低そうだ。「ソフトバンクのバレンティン」がにわかに現実味を帯びてきた。

関連記事