バレンティン狙い撃ち?阪神がレフトへのヒット連発

話題・エンタメ 阪神 ヤクルト

◆阪神4-5ヤクルト◆
バレンティンを狙い撃ち?阪神がヤクルトのレフトに安打を集中させた。

まず初回、木浪の左前打を足掛かりに作った一死満塁のチャンスで糸原が適時左前打を放ち先制点を挙げた。

次は3点を追う三回、二死一塁から大山、中谷、原口が3者連続左前打を放ち、2点を挙げた。中谷、原口の当たりは詰まった当たりで、バレンティンでなければアウトだった可能性が高い。

そして一点差の四回、先頭の木浪がレフトポール際に放った当たりはバレンティンがボールの処理を誤っている間に三塁打となり、珍しい「左三塁打」となった。一死から福留の犠飛で木浪が同点のホームを踏んだ。

ここまで阪神の安打6本はすべてレフト。さらに、六回にも近本が左前打で出塁した。

危機を察知したヤクルト・小川監督は同点の八回の守りから、レフトの守備固めに上田を送った。

バレンティンがレフトの守備に就いていた七回までに阪神が放った9安打のうち、7安打がレフトへ。内野安打を除くと、レフトへ飛ばなかったのは1本だけだった。