バレンティンの“幻の好守”に神宮球場爆笑

ニュース

◆ヤクルト1-8広島◆
ヤクルトが広島に大敗し、対広島戦4年連続の負け越しが決まったゲームだが、バレンティンの“好守”を巡って球場全体が爆笑に包まれる場面があった。

ヤクルト1点リードで迎えた四回表、一死一塁から曾澤の打球はレフト前への飛球。これをバレンティンがらしからぬダッシュで地面スレスレにグラブを差し出して捕球した。ワンバウンド捕球でヒットと判定されたが、ここでバレンティンがダイレクトキャッチだとベンチに猛アピール。小川監督がリクエストした。

だが、バックスクリーンに映し出されたリプレー検証映像には打球がバウンドしてからグラブに収まる様子がハッキリ。走者として二塁にいた長野は笑いをこらえきれずに二塁ベース付近でモニターを見ていたバレンティンに何事かを話しかけた。当のバレンティンはバツの悪そうな様子に。

検証を終えた審判が「セーフ」のコールをすると、場内は普通のリクエストのようなどよめきや歓声ではなく、爆笑が沸き起こった。

FA権を手にして来季からは日本人扱いとなるバレンティン。来季はここまで愛してくれているスワローズファンの前でプレーするのだろうか。