バレンティンが自打球に悶絶、途中交代

日ハム ヤクルト 怪我・体調不良

◆日本ハム3-1ヤクルト◆
ヤクルト・バレンティンが自打球を左足に当て、途中交代した。

六回の第3打席、3球目をファールした際に打球が左足のスネ付近に当たったバレンティンはその場に倒れこんだ。しばらく動けなかったバレンティンだが、何とか立ち上がってこの打席は次の球を打ってショートゴロとなったが、全力疾走できない状態で、ベンチに帰る際には足を引きずった。

そして、次の打席では代打・坂口を送られて交代。試合終了後も足を引きずりながら帰っていった。チームが不振にあえぐ中、仮に四番打者が離脱すれば一大事だけに、状態が心配される。

関連記事