バレンティン「時を戻したい」ソフバン移籍また後悔…

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 ソフトバンク ヤクルト

ソフトバンクのバレンティンはやはり、9年間プレーしたヤクルトから移籍したことを悔やんでいるようだ。「叶うなら、より良い決断をするために時を戻したい」とツイッターに投稿した。

今季は2年契約の2年目を迎えるが、一軍出場はない。主砲のデスパイネが打撃不振で抹消され、グラシアルも8日、右手の薬指を骨折した。バレは日本人扱いのため、外国人枠は関係ないが、「大砲」の枠は空いた。だが、非常事態にも関わらず、9日も一軍には呼ばれなかった。二軍でリーグ2位タイの5本塁打と長打力を発揮しており、不満が爆発してツイートしたのか。


「時」をいつに戻すのか。19年オフだろう。バレは「金目当て」と解釈できる行動を見せた。ヤクルトと結んでいた推定4億4000万円の1年契約が終了し、ヤクルトは残留を望んでおり、宣言残留を認める方針を示していた。

しかし、バレはヤクルトの残留交渉を放棄。11月中に合意に至らず、目論見通りに保留者名簿から外れて自由契約となった。他球団との交渉が可能となり、ソフトバンクへ2年10億円とも言われる金額で入団した。バレは本塁打記録のかつての保持者、王貞治会長と仕事が出来ると喜んでいた。

だが、パ・リーグのパワーピッチャーに差し込まれ、打率1割台に低迷。20年9月には「金で幸せは買えない」とインスタグラムに投稿した。その後は「野球には関係ない」などと釈明。投稿は削除したが、後の祭りである。
・バレンティン「金で幸せは買えない」移籍を後悔…

結局、20年は打率.168、9本塁打22打点の体たらく。日本シリーズが終了した翌日の午前中に離日する早業を見せた。オフは米フロリダで満喫。連日、スーパーカーやバギー、ボートなどで遊ぶ様子がうかがえる。


・バレンティンがランボルギーニで爆走 お値段4000万円
・FA就活中のヤクルト ・バレンティンがバギーで爆走

家族と会えない「ガイジン」の寂しさを訴えたこともある。
・バレンティンやっぱり移籍を後悔「ガイジン寂しい」

31日からは米フロリダ州で五輪の最終予選が行われ、キューバ代表が出場する予定だ。時をもとに戻すことは不可能だが、バレにチャンスは来るか。そして、来季はヤクルトに戻れるだろうか。

文/BBNEWS編集部 写真/BBNEWS、instagramより

◆バレンティン
背番号 4
フルネーム ウラディミール・バレンティン
出身校 セント・ポール・コーリション
誕生日 1984年7月2日
年齢 36
身長 185
体重 100
所属履歴 マリナーズ―レッズ―ヤクルト
キャリア 10年
投打 右右
公式戦初出場 11年4月12日巨人=ユーピーアール
年俸 5億円
タイトル (優)13(本)11~13(点)18(出)13、14(ベ)12、13
家族 既婚

関連記事