ハンファ18連敗で止まる「アジア最多」更新ならず

ニュース NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 KBO(韓国プロ野球)

18連敗中の韓国プロ野球(KBO)ハンファ・イーグルスが14日、斗山イーグルスを相手に劇的なサヨナラ勝ちを収めて連敗を脱出。「アジア最多連敗記録」の更新を免れた。

この日は、午後2時から三回裏で降雨のため中断した前日のゲームの続きから開始。1点ビハインドから始まったが、七回に逆転に成功。八回に追いつかれたが、九回裏二死二、三塁から途中出場のノ・テヒュンがサヨナラの左前適時打を放った。

ハンファは6月22日以来の勝ち星で18連敗でストップ。KBOの最多連敗記録タイで踏みとどまった。NPBの最多連敗記録も18(1998年、ロッテ)で、韓国メディアは「アジア最多連敗記録」の更新なるかに注目していた。

この試合では、元ロッテの金泰均が4打数3安打1本塁打2打点と活躍。打撃不振のため、連敗の“戦犯”の一人に挙げられていたが、汚名を返上した。

文/BBNEWS編集部 写真/KBOサイトより

関連記事